手間なし、全自動。 ほったらかしで、あっという間に、 あなたにマネーが届く。-Angel Money-

ホーム 会員規約 プライバシー よくある質問 メールでの問合せ 運営者  

メニュー
会員登録(無料)
広告の申込み
会員ログイン
インフォメーション
基礎知識



Internet Marketing 基礎知識
(英語ページは有りません。)

海外サイトでお小遣いを稼いだり、ビジネスチャンスをつかむために、最低限必要となる知識を解説します。

なお、海外サイトにチャレンジしたい方は、少しでも英語を学習されることをお勧めします。

ビジネス英語は難しいですが、ウェブサイトに記載されている英語は、比較的、理解しやすいものが多いです。 全文を翻訳ソフトで翻訳するのではなく、わからない単語を翻訳ソフトに頼る方が、ニュアンスを間違えずに理解できます。

少なくとも中学・高校で6年間、大学を含めると8年~10年も英語を勉強してきた訳ですから、英和辞書を片手に持って、ネットサーフィンするのも楽しいものです。

なお、インターネット常時接続(ADSLやケーブルTV)環境で、WindowsXPやクライアントとしてWindows2000,NTサーバをご使用の方は、必ず、ブロードバンドルーターもしくはSymantec社などのセキュリティツールを導入して、 SPAMメールの踏み台にされないよう防御して下さい。

ワームなどのウィルスに感染すると、あなた自身のPCからウィルスをばらまくためのメールが世界中に送信されます。ウィルス駆除ツールは、是非、ご使用下さい。

SPAMメール等の経路を知るツールは、Symantec社の「Internet Security」や、VisualWareなどで提供されています。SPAMでお困りの方は、契約されているプロバイダにご相談下さい。
1.Paid Mail
日本でも、お馴染みのPointメールやGetMoneyと同じで、広告メールの中の広告主のウェブページを訪問すると、報酬がもらえるものです。

海外では、紹介者(ダウンラインメンバー)を獲得すると、そのダウンラインメンバーが獲得した報酬の何割かが、紹介した会員に付加報酬として加算されます。

完全に無料ですので、海外では、子供や主婦が会員の中心的存在です。
後の項目で説明するMLMの広告も多く、Internet Pro Marketerは新規MLMの広告チェックのためにPaid Mailは、必ず、チェックしています。
また、Paid Mailの広告費用は低廉なため、Internet Pro Marketerは有効な広告手段としても利用します。

日本では、相変わらず、無限連鎖と誤解している方がおられますが、Paid Mailは、合理的経営で会員への報酬支払いを行なっています。

例えば、当クラブでは、5レベル(20-10-5-5-2%)の報酬を設定しています。
1000人の会員へのPaid Mail広告料は$10ですが、これは、広告主のウェブページに訪問した1000人にだけ報酬を付与します。
当クラブが支払う報酬の最大金額は、報酬額を0.5セントに設定すると、1000人×0.5セント×142%=710セント($7.1)となり、$2.9の利益が生じます。(統計的には、120%~130%に収斂しているので、充分、利益が出ることになります。)

会費を取らずに、このような広告業が成り立つのは、海外では、個人が広告を頻繁に出しているためです。

Paid Mailを読み始めたら、すぐに、Paid Mailサイトの広告が多いことがわかります。しかも、個人が、自分のダウンラインを獲得するためにPaid Mailの広告を出しているのです。
海外では、個人も活発にInternet Marketingを行なっている訳です。

ここで、注意していただきたいのは、海外、とりわけアメリカでは、SPAMメールに対して厳しい処分が行われることです。絶対、SPAMメールは行なわないで下さい。
アメリカのウェブマスターの間では、SPAM常習者や不正行為者のブラックリストを作成しています。以前、台湾やインドの個人が、同一IPアドレスで複数のメールアドレスを用いて会員登録を行なうという不正行為を働きました。即座に退会処分となり、全会員に、その不正者の名前とメールアドレスが公開されました。

このように、海外では、個人のSPAMメールや不正行為に対しても厳格な処分が行なわれます。くれぐれも、日本のみなさんは、このようなことはしないで下さい。

世界で知られているSPAM実行者の最新リストは、SPAMHOUSE に掲載されています。

なお、「SPAMメールが送られてくるのでは?」とご心配される方は、紹介用URLにご自身のメールアドレスが含まれているサイトの宣伝を行なわないことです。

CAC(Create A Click)の古いパッケージを使用しているサイトは、会員識別にメールアドレスを使用しています。
CACの新バージョンやCashCrusaderのパッケージは、任意のニックネームになっているので、メールアドレスを知られることは有りません。(Web4Surferはどちらのパッケージも使用せずに、運営者自身が全てプログラムを作成しています。)

Paid Mailでお小遣いを得る注意点としては、当クラブもそうですが、Paid Mailサイトの殆どが個人経営の為、報酬を請求しても報酬を支払わないサイトや、いつの間にかサイト自体が消滅することが有ることです。
金銭的な損失は無くても、それまでクリックに費やした時間が無駄になることが有る事も念頭に置いて下さい。(現時点で信頼できるサイトや支払実績のあるサイトは、左のメニューの「ペイドメール一覧」に掲載しています。)

Paid Mailサイトの運営では、次の条件を満たすと、会員・広告主・運営者の全員がメリットを受けることができます。

 (1)活動会員(広告を見てくれる会員)が多いこと。
 (2)Paid Mailサイト運営の副収入となるPay per Search(検索)を多くの会員が実行してくれること。
 (3)Internet Marketing手法を熟知しているパワー会員が存在し、会員を増やすことに協力してくれること。

以上の3条件を満たしているサイトでは、広告収入・サーチによる副収入により、会員への報酬支払いに困窮するようなことはなく、また、活動会員が多いことから、広告主も安心して広告を発注することとなります。

当クラブも、出来得る限りのMarketing手法により、クラブの宣伝を行なっていきますので、ご協力の程、お願い申し上げます。

最後に海外のペイドメールと日本のメルマガの大きな違いをご紹介します。

海外のペイドメールは、約1カ月程度、一度も広告をクリックしない未活動会員は削除していきます。
ペイドメール・サイトは広告サイトなのですから、これは、当然の対応です。

海外ペイドメールの初心者の方が失敗するのは、初めに多くのサイトの会員登録を行ない、莫大なメールを受け取ることになってしまうことです。

その結果、メールを読むことが消化できず、未活動会員として強制削除されてしまい、報酬を得るどころか、メールを読むことがフラストレーションになってしまいます。

海外ペイドメールは、「報酬を得るサイト」と「ダウンラインを作るための広告を出すサイト」を決めて、戦略的に愉しむことがポイントです。やみくもに多くのサイトに会員登録せずに、メール・リーディングを消化できる範囲で取り組むことをお薦めします。

これに対し、日本のメルマガ・サイトでは、会員名簿を作り上げて会員名簿を販売することを目的としているサイトが散見されます。いわゆる「名簿屋」で、登録会員の名簿を平気で販売しています。
会員規約に、会員の「個人情報保護」を謳いながら、裏では、名簿を販売しているわけですから、悪質業者と言わざるを得ません。

当クラブは、会員の個人情報保護を遵守しており、会員の個人情報は、外部への販売や公開を、一切行ないませんので、ご安心下さい。

2.Pay per Search
海外の検索エンジンサイトは、アフィリエイト制度を採用しており、紹介用URLから検索が実行されるとアフィリエイトに報酬を支払う形態となっています。

当クラブも多くの検索エンジンサイトのアフィリエイトになっており、Paid Mailの中で検索依頼を行なうことが有ります。

当クラブが得た検索エンジンからの報酬が、ポイントから現金への換金原資となるので、ご協力の程、お願い申し上げます。

また、あなた自身が検索エンジンサイトのアフィリエイトに登録して、あなた自身の紹介用URLを宣伝することで、報酬を得ることもできます。

Paid Mail広告で検索エンジンサイトの宣伝も多いのは、ペイドメールのサイト運営者だけでなく、一般のアフィリエイトの方も広告を出して報酬を得ようとしているからです。

主要な検索エンジンサイトは、左のメニューの「アクセス・アップ対策」をご参照下さい。

なお、今、Webmasterの間でホットな話題であるSEO(サーチエンジン最適化:Search Engine Optimize)対策もご紹介しています。Googleでの検索結果上位ランキングを獲得したい方は是非ご覧下さい。

3.SafeList
日本ではメーリング・リストと呼ばれているものです。

上記Paid Mailで説明したように、海外ではSPAMメールが厳しく禁じられています。
そのため、幅広く情報を収集したい人やメールで宣伝したい人は、SafeListに登録します。
このSafeListは、無料会員と有料会員の2タイプが用意されています。
通常、無料会員は1週間に一度だけしか投稿できず、有料会員は毎日1回投稿できる仕組みになっています。

SafeListは、サイトごとに大体1000人~2万人の会員が存在します。
SafeListのサイトも、有料会員になると、有料会員を獲得すると、1人あたり、いくらかの報酬がもらえる仕組みが用意されています。

注意していただきたいのは、無料だからといって、安易に登録すると、登録後、山のようなメールが、あなたのメールボックスにたまります。
何故なら、ほとんどの会員が、自分のサイトの宣伝やMLMのダウンラインの獲得の宣伝に励んでいるからです。あなたの投稿は、ほとんど、他の人に読まれることは有りません。

海外で、フリーのメールアドレスサービスが成立するのは、SafeListの受信専用メールアドレスとしての利用需要が多いためです。しかも、ほぼ1日でフリーのメールボックスの容量を超えてしまうので、毎日1回、削除作業が必要となります。
そのため、SafeListを退会するか、フリーのメールを有料メールに変更するかの選択になる訳です

なお、Internet Pro Marketerは、どのサイトの宣伝が多いのかという判断材料として、SafeListの投稿内容をチェックします。

4.MLM
日本では、MLMやネットワークビジネス、SOHOと称されているものです。

このMLMビジネスに対しては、肯定派と否定派がいます。しかし、原点は、事業主が営業マンを持たずに、マーケットシェアを獲得するために考案されたビジネスモデルであることです。
新規事業主が、雇用関係を持たずに営業活動を推進するために、消費者自身が販売者になる仕組みです。

現在はマトリックスが主流ですが、これは、次のような内容になります。

例えば、2×3マトリックスで会員を募っている場合、もし、あなたが会員になると、第1レベルで2人、第2レベルで4人、第3レベルで8人の合計14人まで販売できるということになります。
なお、各レベル毎に1人あたりの紹介報酬が設定されています。

多くのMLMでは4~5人の紹介者を獲得すると、あなた自身の出費をカバーして利益が生じるよう設計されています。

いずれにしても、MLMは、サービスもしくは商品の購入ということになるので、そのサービスや商品が良いものであるかどうかを判断し、かつ、あなた自身が販売活動をしない限り、利益を得ることはできません。
いち早く、会員になったからといって、寝ていて利益を手にできるものでは無いということを理解して下さい。あくまで、あなた自身が直接獲得した紹介者に対してのみ、報酬が支払われるのです。

営業活動ができない人は、利益を期待できないと思ってください。(原点は、営業マンを持たない事業主の経営手法なのですから、有能な営業マンにのみ高額報酬を出すということです。)

なお、直接紹介者だけでなく、いわゆる孫会員などを含めたチーム報酬がもらえるタイプもありますが、間接紹介者に対する報酬は極端に少額となります。

Internet Pro Mrketerは、このMLMでの活動が主体となります。
海外では、Paid Mailからマーケティング手法を学び、MLMに転向していく人が多く、Paid Mailの会員数よりMLMの会員数の方が圧倒的に多くなっています。

また、海外のMLMはビジネスプランが全て開示されており、日本国内の多くの宣伝のようなビジネスプランを明示しない宣伝は少数です。
会社名や商品名のインターネット広告を禁止している優良ビジネスも存在しますが、最近は、ビジネスプランを明示するタイプが主流です。

ちなみに、EcoAidは、飢饉やエイズ・心臓病・癌患者への募金活動に賛同してくれる会員募集をMLM(ユニレベル)の手法で行なっています。主催者はデンマークの国連UNICEFの外郭団体です。
当クラブはEcoAidのSenior Ambassordorになっており、しばしばWebmasterとの情報交換を行なっています。
Senior Ambassordorになると、マーケティング用のcgiプログラムを入手することができ、EcoAidサイトのローテーションバナー広告を表示回数無制限で利用することができます。
もし、あなたがウェブマスターならば、筆者お薦めのサイトです。

5.Traffic Excahnge
ウェブサイトのHIT件数を上げるための仕組みです。会員同士がお互いに、相手のウェブページを訪問しあうものです。

例えば、あなたが、他のサイトを1回訪問すると、あなたのサイトには2件の訪問者が来る仕組みが用意されています。(この比率は、各々のプログラムで異なります。)

注意していただきたいのは、入会当初は、$5~$10相当のCREDITがもらえて無料ですが、あなたのウェブサイトの訪問者に対しては、いくらかの報酬を支払わなければいけないことです。
CREDITがゼロになった時点で、Creditの追加購入の打診メールが来ますが、慌てて購入する必要は有りません。
あなたが、一生懸命クリックしてCreditを貯めるか、Creditを追加購入するか判断すれば良いのです。
なお、Creditがゼロになった時点で、あなたのウェブサイトには訪問者は来なくなります。

TrafficExchangeのサイトも、有料会員になると、有料会員を獲得すると、1人あたり、いくらかの報酬がもらえる仕組みが用意されています。

Internet Pro Marketerは、適宜、この仕組みを宣伝に利用しますが、費用対効果で継続使用の可否を判断します。

6.Internet Marketing Tools
実は、海外ではPaid MailよりもサイドビジネスとしてMLMに取り組んでいる人の方が圧倒的に多いです。
その為、海外のマーケティング・ツールは日本よりもはるかに優れたものがたくさん存在します。

もし、あなたがマーケティング・ツールを研究したいのなら、一度、会員になってみるべきでしょう。
お試し会員として無料試用して、気に入ったら会費を払うサイトも数多く存在します。
お薦めサイトは左のメニューの「マーケティング・ツール」に掲載しています。

海外では、レンタル・サーバやWebサイト・デザインの需要が高いため、日本に比べて格安のサービスを手に入れることができます。
ご自身のWebサイト構築をご検討されるときは、左のメニューの「レンタル・サーバ」「ホームページ・デザイン」が参考になると思います。

7.報酬の受取口座
海外サイトからの報酬を得るためには、PayPal口座もしくはe-goldの口座が必須です。
最近、StormPayでも受け取ることができるサイトが増えてきましたので、それぞれの特徴を解説します。
  • PayPal

    2002年7月15日にイーバンク銀行もメール送金サービスを開始しましたが、全世界で最も利用されているのがPayPalです。
    ネットオークション最大手のe-Bayに買収されましたが、信頼性と利便性の両方を兼ね備えた決済機関です。(e-Bayは米国Nasdaqに上場しています。)

    日本の方は、PayPalの登録にあたっては、本人の身元確認のために、VISAもしくはMasterカードの番号が必要になります。
    PayPal口座の現金の引出しは、日本の都銀口座への振込みで引き出せます。(振込手数料は500円です。)

    イーバンク銀行のPayPalとの提携を待たれている方がいらっしゃいますが、事務手続きの提携は有り得ませんのでお気をつけ下さい。
    現在、イーバンク銀行を含め、日本の全てのインターネット・バンキングは国内のみのサービスです。海外との提携は有りません。

    PayPalへの入会手続きは、こちらをご覧下さい(別ウィンドウに表示されます)

  • e-gold

    金(Gold)を決済媒体としています。口座開設は無料で、PayPalのような身元確認はありません。
    一定金額の金(Gold)が貯まると、換金して小切手で受け取ることができます。
    なお、毎月、金の保管料金が必要となります。

  • StormPay

    最近、StormPayでの支払いを行なうサイトが増えてきました。
    口座開設は無料で、PayPalのような身元確認はありません。
    $25以上の残高があれば、小切手での払出しを請求することができます。
    PayPalの身元確認のためのクレジット番号入力に抵抗のある方には、StormPayがお薦めです。

  • リンクセンス

    海外小切手を受け取った場合の換金に便利です。
    国内銀行で海外小切手の取立てを依頼すると、1枚につき最低2,000円~3,000円の手数料が取られます。
    少額の場合は、手数料だおれとなってしまうので、こちらのリンクセンスをご利用されることをお薦めします。

 


ホーム |  会員規約 |  プライバシー |  よくある質問 |  メールでの質問 |  運営者
会員登録(登録無料) |  広告の申込み |  会員ログイン
基礎知識 |  会員フォーラム

 

 
©Copyright 2002 Web4Surfer.com All Rights Reserved